他に気を配りたい点

家族ファイナンシャルプランナーや保険代理店担当者に相談すると、基本的には、客観的な視点で、保険の提案を行なってくれます。ただ、せっかくの機会なので、その担当者の個人的な意見も尋ねてみることをおすすめします。ひと口に保険と言っても、それに対する価値観は人それぞれに違いがあります。したがって、その道のプロフェッショナルである担当者の個人的な意見は、保険を選ぶにあたっての参考になることは間違いないでしょう。そのようにして聞き出した担当者の意見が、自分の価値観と同じであれば、安心することができます。また、自分とは異なる価値観の答えであったとしても、保険に関する視野を広げるために役立ちます。

そのように、保険の相談を行ない、本当に納得したのであれば、契約手続きを行なっても構いません。しかしながら、少しでも疑問点や不明点がある場合、その場で契約するのは避け、他の専門家の意見も聞いてみることをおすすめします。そうした方法を実践すれば、店舗ごとに異なる保険の取扱い商品や、担当者による意見の違いなどが分かります。そのようにして得た情報を比較・検討すれば、自分の適性やニーズ、希望条件に合った保険が見つかる可能性も高まるという訳です。

適切な商品の提案など

FPや保険代理店の担当者に、保険に関する相談を持ちかける際には、必要な保障の内容・金額が明確になっているに越したことはありません。とは言え、実際には、そのようなビジョンが定まらないこともあり得ます。そういう場合には、担当者のヒアリングテクニックを頼りにして、自分の中に秘められたニーズを、上手に聞き出してもらうのも一つの方法です。

訪問優れた担当者は、まず、相談者に見合った保険の提案を行なうために、相手の人間像を明確にしようとするはずです。例えば、相談者が感じるリスクや求める保障、希望する保険の加入期間などの情報をヒアリングし、整理してくれることでしょう。その反対に、ろくなヒアリングもせず、自分の有する保険の知識を一方的にひけらかすような担当者には、注意する必要があります。そのような担当者に相談しても、自分のニーズに合う保険の提案を行なってもらうことは難しくなります。

そのようにして、FPや代理店担当者に具体的な保険商品を提案してもらった後は、その商品のメリットだけではなく、デメリットも教えてもらうことが大切なファクターです。こちらは、広告やパンフレットから得ることの難しい情報なので、それだけ有用です。また、窓口だけではなく、訪問を行っているところを見つけていると良いでしょう。最後に、他に気を配りたい点について紹介します。

事前に行ないたい準備

保険に加入したいという気持ちがありながらも、関連する知識が不足しているために、実際のアクションが起こせないでいる人も見受けられます。そのような悩みをお持ちの方には、ファイナンシャルプランナーや保険代理店の担当者に相談を持ちかけてみるのも良い方法です。

虹FPや代理店の担当者は、その道のプロフェッショナルなので、相談者の資産状況やライフステージに合わせて、適切なプランの提案を行なってくれるでしょう。中でも、「総合型」と呼ばれるタイプのショップでは、複数の保険会社が提供する商品の中から、一人ひとりの相談者に合ったものを選び出してくれます。

ただし、専門家と言っても、知識のレベルは人によって違いがあります。また、保険に対するニーズや希望条件が明確になっていない段階で相談しても、突っ込んだ話ができない可能性があります。保険に関する相談を行なう際には、それらの点を踏まえた上で、然るべき事前準備をしておくことをおすすめします。例えば、必要とする保障の内容や金額は、明確にしてから相談するのが理想的ですが、場合によっては、明確なビジョンが定まらないこともあります。そのような場合には、担当者のテクニックを頼りに、上手にヒアリングしてもらうのも良い方法です。

保険相談に関する情報

これから保険に入りたいと思っても、保険に関する知識が足りないと、実際に行動を起こすのが難しくなってしまいます。そうした問題を解決するためには、FPや保険代理店の担当者に相談するという方法もあります。そのように、保険のプロに相談すれば、自分の資産状況やライフステージに合ったプランを提案してくれるでしょう。ただし、いくらプロと言っても、その知識レベルは人によって違いがあります。また、相談者の要望が固まっていない段階では、深い話ができない可能性があります。したがって、保険相談の前には、それなりの準備を行なっておくのがおすすめの方法です。

女性例えば、保障の内容や金額に対するニーズが明確に定まっていない場合、問題解決策として、担当者のテクニックで上手にヒアリングしてもらうという方法があります。また、提案してもらった具体的な保険商品については、メリットのみならず、デメリットも教えてもらうことをおすすめします。こうした情報は、広告やパンフレットには載っていないことが多いので、それなりの利用価値があります。また、客観的な視点での提案に加えて、その道のプロである担当者の個人的な意見も聞いておけば、保険選びの際に参考となることは確かです

ここでは、保険に関する相談を、ファイナンシャルプランナーや代理店担当者に持ちかける方法について、詳しく解説してまいります。これから保険の相談をしたいとお考えの方は、参考にしてみて下さい。